段階的な脱原発

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋地震とそれに伴う津波により、東京電力の福島第一原子力発電所で原子力事故が発生しました。それにより周辺地域に大きな被害を与えました。

この原子力発電の最大のメリットは発電コストの安定です。ただし、今回の事故で原子力発電所の脆弱性が露呈しました。今後、日本において原子力発電依存から脱し、再生可能エネルギーに移行していくべきであると考えています。

ただし、現状の国民生活を鑑みると、即座に再生可能エネルギーに移行することは不可能です。電力の安定供給、エネルギーコストなど、国民の生活の負担を最小限にしなければなりません。

まずは、労働所得倍増計画、消費税廃止などを国民生活が変化に耐えうる環境を作った上で、移行を行わなくてはなりません。

【具体的な政策】
 ● 脱原発
 ● 再生可能エネルギーへ移行

活動報告(投稿日)

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP